さざれ石のお社
        中目黒八幡神社 















天照大御神(あまてらすおほみかみ)とは

 天照大御神は、日本人の生活のなかにもっとも深く浸透し、日本の総氏神・皇祖神にあられる最も尊い女性の神様です。

 神話では、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が、日向(今の宮崎県)の阿波岐原(あわぎはら)の海で(みそぎ)をし、左目を洗った時にお生まれになったのが、天照大御神とされています。その時、右目を洗った時にお生まれになったのが月読命(つきよみのみこと)、鼻を洗った時にお生まれになったのが建速須佐之男命(たてはやすさのおのみこと)がお生まれになったとされています。
 その後、天照大御神は、伊邪那岐命の命により、神様たちが集まられる高天原(たかまがはら)を治められました。

 天照大御神は、日の神様であり、有名な神話に「天岩戸(あめのいわと)」がございます。

Copyright (C) 2009 nakameguro hachimannjinnja All Rights Reserved.