さざれ石のお社
        中目黒八幡神社 















ご祭神

 應神(おうじん)天皇誉田別命(ほんだわけのみこと) → 應神天皇とは?こちらから
  天照大御神(あまてらすおほみかみ)さまも合祀(ごうし)しております 天照大御神さまとは?こちらから
                *合祀;一緒におまつりすること

 末社 三峯神社につきましては、こちらをご覧ください

ご神徳

 国家鎮護・勝運招来・増産興業など

ご由緒

 創建年月日不詳。
 神仏習合の時代(神様と仏様が一体と考えられていた平安時代以降の考え方)の江戸時代、当神社は上目黒の寿福寺が管理しておりました。しかし、寺が全焼したため、古い資料は焼失しています。
 当時の村指出銘細帳には、宝歴13年(1763年)と弘化2年(1845年)に、「上目黒村別当寿福寺の末に上目黒村鎮守八幡宮」の記載があり、氏子数400戸、中目黒村境内地539坪の宮有地があると記載されています。
 また、文政8年(1825年)の『新編武蔵風土記稿』には、「中目黒八幡宮之五〇坪、村の西方小山の上に社あり、五尺四方にして、東北鳥居、村の総鎮守なり。祭礼九月十八日十二座の神楽を奏す。」と記載されています。
 現在の建物は、昭和九年着工十一年創建のものです。本殿・弊殿・拝殿の権現造りのご社殿になっております。


例大祭

 9月 第4 土曜日・日曜日


Copyright (C) 2009 nakameguro hachimannjinnja All Rights Reserved.