さざれ石のお社
        中目黒八幡神社 















例大祭 江戸の里神楽 のお知らせ

 平成25年度例大祭で奉奏されます、江戸の里神楽(国重要無形民俗文化財・品川の間宮社中)の上演演目が決まりましたので、お知らせいたします。

 当日は、間宮社中の方々が無言劇に解説を入れて分かりやすく奉奏いたします。
演目の解説プリントもご用意しておりますので、皆様お揃いでご参拝の際にご観覧下さいますよう、お待ちいたしております。

  上演日時: 平成25年9月29日(日) 14時~21時
  上演演目: 1、八幡山黒尉(やわたやまこくじょう)
    2、大碓勘当(おおうすかんどう)
    3、熊襲征伐(くまそせいばつ)
    4、神田種蒔(しんでんたねまき)
       中入り
    5、綱引醜女(つなひきしこめ)
    6、敬神愛国(けいしんあいこく)
    7、山神の舞(さんじんのまい)



 境内地に『十二座神楽』の石碑が残り、江戸時代の『新編武蔵風土記稿』に「中目黒八幡宮…祭礼にて十二座の神楽を奏す」とあるように、当神社では、古くから神楽が奉奏されてきました。
 古くは、夜通しで十二座の神楽を奉奏してきましたが、現在は毎年演目を替えて十二座の一部を奉奏しております。
 国重要無形民俗文化財に指定されております、この伝統芸能をぜひ、ご覧になってください。

Copyright (C) 2009 nakameguro hachimannjinnja All Rights Reserved.