さざれ石のお社
        中目黒八幡神社 















お神札のおまつりの仕方

 神社から受けたお神札は、ご家庭でおまつりし、ご家族の一年間の無事と幸せをお祈りしましょう。一年間お守りいただいたお神札は、感謝の念を込めて、氏神様にお納めしましょう。
 神社でお出ししたもの以外、お預かりできないものもございます。
 お納めの仕方については、こちらでご確認ください。
 



◆ お神札のまつり方
 お神札は、南か東に向くようにおまつりします。
 ご神前には、お米やお水などの他に季節の初物、お土産なども感謝の気持ちを込め
 てお供えし、二拝二拍手一拝の作法でおまいりしましょう。
 

  ~お神札を横に並べてまつる場合~ 
     三社造りのお社の場合、中央に天照皇大神宮のお神札を、向かって右側に氏神様のお神札を、向かって左側に崇敬神社などで受けたお神札をおまつりします。複数の崇敬神社でお神札を受けた場合、重ねておまつりします。
   
  ~お神札を重ねてまつる場合~ 
     一社造りのお社の場合、手前(上)に天照皇大神宮のお神札を、次に氏神様のお神札を、その下に崇敬神社などで受けたお神札をおまつりします。
   


◆ お供えの仕方

米・酒・塩・水を供える場合 米・塩・水を供える場合 


◆ 神棚がない場合
 神棚を設ける場所がない、などの理由でお神札をおまつりすることをためらって
 いらっしゃる場合には、壁掛けにもできる小型の神棚もございます。
 また、タンスや本棚などの上を清浄にした後、白い紙を敷き、そこにお神札をおまつり
 しても構いません。
 大切なのは、神様を敬い、真心を込めておまつりすることです。
 神棚に関しては、神社社務所までお問い合わせください。

Copyright (C) 2009 nakameguro hachimannjinnja All Rights Reserved.