さざれ石のお社
        中目黒八幡神社 















おまいりの仕方

 日頃、何気なくご参拝(おまいり)している神社。正しい作法でご参拝いたしましょう。
 なお、こちらに紹介してありますのは、一般的なものです。神社により様々な作法がありますので、詳しくは各神社にお尋ね下さい。



◆ 鳥居をくぐる際に、一礼しましょう
 鳥居は、神様のお住まいである神社と私たちの住む場所の境目になります
 鳥居をくぐると神聖な場所になりますので、鳥居で一礼(お辞儀)をいたします

◆ 参道を進む際には、端を歩きましょう
 参道の正中(中央)は、神様がお進みになられる道です
 私たちは、両端を歩くようにして参道をすすみましょう

◆ 手水をとりましょう
 ご神前に進む前に手水舎にて、手水を取ります
 手水は、参拝する前に身を清めるための作法です。以下の手順で行います
  ① まず、柄杓(ひしゃく)に水をくみ、左手に水をかけます
  ② 次に、柄杓を持ちかえ、右手に水をかけます
  ③ 左手に水をためて、口にふくんですすぎます
    すすいだ水を出すときには、口元を手で隠します
  ④ 口をつけた左手をもう一度洗います
  ⑤ 残った水で、柄杓を立てて柄杓の柄を洗い流します

◆ ご神前では、感謝の念を込めて、二拝二拍手一拝しましょう

 ご神前に進まれてからは、はじめにお賽銭を納め、お鈴のある神社ではお鈴を
 鳴らします。
 その後、二拝(拝とは、90度にお辞儀をすること)、二拍手して、感謝の念を込め、
 最後に、一拝します。
 二拝二拍手一拝の前後に、小揖(しょうゆう)という、小さなお辞儀をします。
 以上が、参拝( )の作法となります


Copyright (C) 2009 nakameguro hachimannjinnja All Rights Reserved.